WEB完結のメリットとデメリット

カードローンのWEB完結とは、申し込みから契約まで、インターネットで完結できるものです。
窓口に出向く必要がなく、申込書への自署もいりません。
ネット環境が整っていれば、パソコンやスマホからいつでもどこからでも申し込みが可能です。
自動契約機などに出向いての審査の待ち時間を考えると、ネット完結は忙しい主婦にはありがたいサービスと言えます。

 

また、人に会わずに申し込みから借入までできるのでプライバシーも守られます。
WEB完結のメリットはなんと言っても手軽さとスピードです。
申し込みをして自動審査、審査通過すればそのまま契約し、すぐに融資を受けられます。
免許証などの本人確認書類も郵送の必要がなく、写真に撮ってメールで送ることができます。
総量規制対象外の銀行カードローンは無収入の専業主婦にも借りられる借入限度額が設定されています。
収入がなくても借りれるという前提なので、収入証明書類を提出する必要もありません。
銀行のインターネットバンキングを利用していれば、ログインして必要事項を記入するだけで申込み可能です。

 

審査に通るか心配な場合、試し診断を実施しているところもあります。
審査連絡は携帯電話にかけてもらうことができ、家族に知られたくないケースも安心です。
利用明細もネットで確認できるよう設定すれば、自宅に郵便物が届くこともありません。
ただし、返済を滞納すると催促の郵便物が届くので気をつけてください。
返済を滞らせてしまうと、元金と利息だけでなく遅延損害金も支払うことになります。

 

WEB完結にはこれといって大きなデメリットはありませんが即日融資を受けるには注意しなければならないことがあります。
銀行カードローンの場合、普通口座が必要なものがあり、持っていない場合は口座開設後の融資となります。
またネット完結は23時間356日申込みできますが、銀行休業日には融資は受けられません。
口座不要で提携ATMから借りられるものもありますが、ローンカードの発行を待つ必要があります。