銀行カードローンで借り換え可能?

銀行カードローンは事業性資金以外での使用用途は自由なものがほとんどです。
現在利用しているカードローンの金利が高い場合、金利の低いものに借り換えることで総支払額が大きく変わることになります。
また複数社からの借入がある場合、返済日がバラバラだったり毎月支払う利息の負担も大きなものとなります。
おまとめとして借り替えた場合返済日もまとまり、利息の計算もしやすくなるので返済計画が立てやすくなります。

 

借り換えのデメリットとしては、たとえばおまとめとして借り換える場合複数の借入をひとつにするわけですから当然大きな金額を借りることになります。
そうなれば毎月の最小返済額が高くなったり返済回数が増えることがあります。
いま借りているものと借り換えを検討しているカードローンの実質年率を比べ、しっかりとシミュレーションをしましょう。

 

借り換え目的の場合でも申込→審査→契約→融資という流れに変わりありません。
審査に通るか心配なら事前審査を受けることができます。

 

多重債務者の任意整理の増加を防ぐため貸金業法が改正され、総量規制という制度ができました。これは個人のキャッシング額の総額を年収の1/3までに制限するものです。
これによって専業主婦の消費者金融等の利用は原則できなくなりました。
しかし、銀行のカードローンなら総量規制対象外なので専業主婦にも借りることができます。

 

その場合、収入証明などの所得証明書は必要ありません。
必要書類は本人確認ができるもののみです。
ただし審査は申込フォームの記入ミスなどでも通らなくなってしまうので、気をつけてください。

 

専業主婦は生活費の中から返済していくことになるので利用上限額は低めです。
小額融資からはじめて、きちんと返済実績を積み信用度を上げ、利用枠を大きくしていくことは可能です。

 

また、利用していたカードローンの金利が通常金利を上回っていた場合、過払い金の返還を請求できることがあります。法律の専門家に相談しましょう。