専業主婦が借りられる利用限度額をチェック

カードローンは、急にまとまったお金が要ることになったときに便利なサービスです。
カードローン会社といっても、消費者金融や銀行など金融機関によって借入限度額や金利、借入の条件などが違ってきます。

 

総量規制導入によって、消費者金融での個人のキャッシング総額は年収の1/3までと決まっています。
対して銀行は総量規制例外となるので借入限度額が大きく設定されているものがあります。
たとえば年収は低くても家族での収入ある場合や他に資産がある場合などを考慮したり、審査する会社の裁量で貸付額を決めることができるので、年収だけに左右されるわけではありませんが一般的には年収の1/3程度が妥当だといえます。

 

小口融資しか受けられないとしても、カードローンは一度契約すると、限度額内であれば追加融資を受けられます。
借りて滞りなく返済していれけばそれが実績となって借入限度額があがることがあります。
しかし、繰り返し借りることによってなかなか完済できないという場合がありますので気をつけてください。

 

大手銀行各社は年金受給者は年金以外の収入があることを申込条件としていることが多く、年金のみで生活している方はほとんど審査NGなのでご注意ください。

 

借入限度額について、とくに無収入の専業主婦の場合は低めに設定されています。
生活費の中から返済を行うのですから、多く借りることができても返済に追われることになるからです。
パートナーにバレないように借りたいケースだと難しいかもしれませんが、ボーナスなどの臨時収入を繰上げ返済にまわすことで金利引き下げができる場合もあります。
また、金利の低いカードローンへの借り換えも、返済を軽くする方法のひとつです。

 

カードローンの申込はスマホなどから簡単にできます。
銀行カードローンなら給与明細などの収入の証明書提出も不要です。
銀行カードローンは口座への振込融資が多いのですが、提携ATM利用ができるものもあります。土日や銀行休業日は即日融資は受けられません。

 

WEB明細利用など利用者にとって便利なサービスもあるので、自分にとってメリット多いものを選びましょう。