返済額を抑えたいなら金利をチェック

カードローンを借りる際に気になるのは毎月の返済額です。
そこで大切になってくるのが金利です。
金利とは借り入れた元金に対してかかってくる返済手数料を割り出すための利率のこと。
毎月の返済は元金と、この金利によって計算された利息の合計額ということになるので金利の高低はとても大切なものになります。
なるべく金利の低いカードローンを選ぶのがお得です。

 

借入限度額によって金利は変わります。
原則として限度額が大きくなるほど金利は低くなります。

 

複数金融機関に借入がある場合、それぞれに金利がかかって毎月の利息の負担も大きなものとなります。金利の低いカードローンへ借り換えることで負担が軽くなることもあります。

 

カードローンは限度額内であれば追加借入が可能です。
一度契約すれば返済が滞らない限り必要なときにいつでもお金が引き出せるというメリットがあります。
しかしそれを繰り返せばなかなか完済することができず、何年も利息を払い続けてしまうことに。計画的に利用しましょう。

 

実際の金利がどうなるかは、借入限度額やそれまでの取引実績によって変わることがあります。
審査申し込みの前に金融機関の窓口などを利用して相談するのをおすすめします。

 

銀行のカードローンは消費者金融などに比べ総じて金利の低い傾向がありますが、ネット銀行のカードローンは全体に金利も低く、手続きもネットで行えるため最短で借入することができます。

 

クレジットカード会社が運営する信販会社のカードローンの場合、金利は銀行よりも低いものから高いものまでかなり幅が大きくなります。
審査は銀行のものより通りやすいとはいわれていますが、信販系は総量規制の対象となるので専業主婦にはそもそも借りることができません。
専業主婦の借入OKなのは銀行カードローンです。収入証明が不要な分、小額借入ということになりますが、総じて金利も低めですので主婦にとってはメリットが大きいといえます。

 

家族にばれずに利用したい場合、ネットで申込み、ローン専用のカード発を自動契約機で行えば、自宅郵送されることもなく安心です。